未分類

スーツクリーニングの頻度と納品日数を解説。忙しい人ほど宅配が便利

スーツクリーニングの頻度と納品日数を解説!忙しい人ほど宅配が便利!

スーツのお手入れは、正しい方法で行えばきれいな状態をキープできるだけでなく、その寿命を延ばせます。

スーツがすぐにダメになってしまったり傷みやすかったりするのは、お手入れの方法や頻度が間違っている可能性も。

クリーニングの頻度は夏と冬で異なり、夏は2週間に1度、冬はシーズン中に一回クリーニングに出すことでスーツをきれいに保ち、寿命を延ばすことができます。

正しいスーツクリーニングの頻度、納品日数、料金、そして忙しい方におすすめの宅配スーツクリーニングについて詳しく解説します。

スーツのクリーニングに適切な頻度

スーツのクリーニングに適切な頻度

適切なスーツクリーニングの頻度は、季節、そして個人個人で違う汗の量によって調整する必要があります。

クリーニングの頻度について詳しく見ていきましょう。

クリーニングの目安は夏と冬で頻度がちがう

季節によって、必要なクリーニングの頻度は変化します。適切な回数のクリーニングを行うことで清潔に保つだけでなく、無駄なクリーニングを避けられます。そうすることで、スーツの寿命を延ばすことができます。

<季節ごとに適切なスーツクリーニングの回数>

  • 夏・・・2週間に1度
  • 冬・・・シーズン中に1回(3カ月に1度)

クリーニング頻度は仕事内容によってちがう

スーツクリーニングの適切な回数は季節だけでなく汗の量も関係してくるため三者三様で、それぞれの対応が必要です。

オフィス内で働くデスクワークの人と、営業などの業務で頻繁に汗をかく人とではクリーニングの頻度が違います。

デスクワークの人は前項目で紹介した季節ごとの目安で問題ありませんが、汗をかきやすい仕事をしている人は、クリーニング頻度を増やす必要があります。

汗かきの方は頻度多めに

仕事内容だけでなく、汗のかきかたには個人差があります。

個人個人の汗の量(水溶性の汚れの量)が重要であり、一概にデスクワークだからといってスーツを着ている人が全く汗をかかないとは言えません。さらに、エアコンの効き具合などでも差が出るでしょう。

たとえデスクワークでもよく汗をかいている、という方は、やはりクリーニング頻度を増やす必要があるでしょう。

着数が多い人はクリーニング頻度そのままでOK

スーツを着る頻度が非常に高くても、スーツの着数が多く着まわしているという方は目安通りの頻度でよいでしょう。

逆をいうと、毎日スーツを着る必要性があるなど着用頻度が高いのにスーツの着数が少ない人はクリーニング頻度も増やす必要があります。

同じスーツの着用時間が増えれば、汗などで汚れる機会が増えるからです。

汚してしまった時はすぐクリーニング

夏は2週間に1度で冬はシーズン中1回というのは、あくまで汚さなかった場合のことで、汚してしまった場合にはすぐに対応する必要があります。

コーヒーをこぼしてしまったり砂をつけてしまったりした場合には、すぐにクリーニングに出しましょう。そのままにしているとシミがどうやっても落ちなくなったり、傷みの原因になります。

また、スーツは湿度が高いところや服をたくさん詰めてあるような通気性の悪いところで保管すると、カビがはえることも。

カビが生えてはしまったスーツは、自分でカビを取ろうとしてもカビを広げる結果になってしまい、根絶自体が難しくなります。

スーツにカビが生えてしまった場合には、必ずクリーニングに出しましょう。

クリーニングのしすぎもNG

洗いすぎるとスーツにとってダメージになり、スーツの寿命を縮めてしまうことがあります。スーツの状態を保って使うために大切なのは、各自の使い方に合わせてクリーニング頻度を調整することです。

頻繁にクリーニングに出せばよいというわけではないので、その点に留意しましょう。

日々のスーツケアはブラッシングで

コロコロや粘着シートでスーツのケアを行っている方も多いと思いますが、それだけではケア不足になりがちです。繊維の奥に入り込んだ汚れや埃は、コロコロや粘着シートで取りきれないからです。

埃が生地の間に入り込むことでそこから水分が入って傷んだり、虫が食う原因になるでしょう。適宜スーツ用のブラシでやさしくブラッシングすることで繊維の隙間に入り込んだ汚れをおとし、繊維を整え、光沢を維持できます。

マキ
マキ
人それぞれ、汗などの汚れの量を意識して、スーツのクリーニング頻度を決める必要があるんだね。

スーツクリーニングの納品日数と料金について

スーツクリーニングの納品日数と料金について

スーツクリーニングの納品日数は、スーツが手元になくなる期間とも言えるため所有している着数が少ない方にとって非常に重要です。

料金相場とともに納品日数を見ていきましょう。

スーツクリーニングにかかる日数

通常の店舗によるスーツクリーニングにかかる日数は、通常2~3日です。業者によるところもあり、品質重視のクリーニングをおこなうところではもっと日数が必要な場合もあります。

確かな納品日数を知りたい場合は、店舗に問い合わせをしましょう。

基本料金ではドライクリーニングを行う

クリーニングは、通常料金の範囲内では「ドライクリーニング」という方法で行われます。

ドライクリーニングとは、水を使わず、油でできた有機洗剤で衣類を洗う方法です。油でできた洗剤をつかうため、油汚れが落ちやすいのが特徴。水洗いをしないため服を傷めにくく、素早くクリーニングが完了します。

納品日数が延びる場合もある

特殊なオプションをつけたりウェットクリーニングを依頼した場合は、2~3日でクリーニングが終わらないこともあります。

特殊オプションには染み抜き、撥水加工、防水加工などがあり、追加料金が必要です。

ウェットクリーニングは、一般家庭ではできないような高品質な水洗いをクリーニング業者が行います。ウェットクリーニングはドライクリーニングと違い、ジュースや汗といった水溶性の汚れが落ちやすいため、使い分けるのがポイントです。

ウェットクリーニングは難易度が高く技術が必要であるため、料金が高くなりがちです。

依頼している間はスーツが手元にないため、あまり長期間その状態が続くと困る場合もあるかも知れません。ウェットクリーニングを依頼する場合には、事前に納品日数をよく確認しましょう。

スーツクリーニングの通常料金

スーツクリーニングの通常料金の相場は、上下揃えてドライクリーニングで1,000~2,000円程度です。

こちらも業者によって変動するため、よく確認する必要があります。

即日仕上げも可能

即日仕上げに対応してくれるクリーニング店もあります。

午前中の早い段階(10時~11時まで)にクリーニングしたい服を持ち込み、当日の夕方ぐらいに仕上げてくれる特急サービスです。時間のかかる特殊なオプションやウェットクリーリングには対応していないため、ドライクリーニングのみの対応になります。

ドライクリーニングで済むような汚れであれば即日仕上げも良いかもしれませんが、スピードを重視するため、作業の丁寧さや仕上がりの満足感は求められなくなるので注意が必要です。

せっかくスーツクリーニングに出したのに、汚れが残る雑な仕上がりでは意味がありません。スーツのようなある程度クオリティを要求するクリーニングは、できれば通常サービスでクリーニングしたほうがよいです。

即日仕上げを希望する場合は、店舗によっては非対応なこともあるので、確認したうえで持ち込みをしましょう。

マキ
マキ
通常料金ではドライクリーニングという方法でクリーニングするんだね。汚れによって使い分けよう。

スーツクリーニングは宅配が便利

スーツクリーニングは宅配が便利

忙しい人におすすめなのが、宅配クリーニングです。集荷にきてもらえたり、宅急便で発送したりするだけでクリーニングが済むため、店舗に持ち込むよりも手間が大きく削減できます。

宅配クリーニングとは

自宅にいながらにして、ネット予約でクリーニングの依頼ができる、昨今注目を集めている新しい形のクリーニングサービスです。

おすすめの宅配クリーニング『リネット』では、指定した日時に集荷にきてもらえます。さらに、梱包用の段ボールまで持ってきてもらえて至れり尽くせりです。

その場で服を梱包して持っていってもらえば、あとは仕上がって届くのを待つだけです。

納期は最短2日間

宅配クリーニング大手の『リネット』では、急ぎの場合は最短2日間で受け取れますので、急にスーツを汚してしまったという方、着まわせるスーツがなくなってしまって困っているというも方も安心して利用できます。

他の宅配クリーニングでは、納期は通常一週間程度です。

宅配クリーニングサービスにより納期が異なりますので、必要であれば問い合わせて確認をしましょう。

帰宅が遅くても大丈夫

宅配クリーニングの大きなメリットは、平日の帰宅時間が遅くクリーニング店に行けないという人でも関係なく利用できるという点です。

集荷と宅配でやりとりをするので、クリーニング店が閉まってしまうような時間でも発送・受取が可能です。

届けてもらえるので引き取り忘れがない

普通のクリーニング店で依頼する場合は、まず依頼するために店舗へ足を運び、終わったら引き取りにいかなくてはなりません。二度手間なだけでなく、引き取り忘れてしまうこともあるでしょう。

その点、宅配クリーニングであれば宅配で届けてもらえるので、忘れる心配がありません。さらに、引き取りに行くという一手間がなくなります。

休日にわざわざクリーニング店に行かなくて済む

宅配で依頼できるため、休日にわざわざ混雑しているクリーニング店に行く必要がありません。

多くの人が平日のクリーニング店になかなか行けないことから、休日に行こうとします。休日のクリーニング店は、平日にいけない人たちで混雑しているため、並ぶのにも時間がかかります。宅配クリーニングを利用することで、無駄な時間をカットできます。

一見高く見えるがお得

『リネット』では、1,610円でスーツクリーニングが可能です。

これは普通のクリーニングから見ると割高に感じるかもしれません。しかし、クリーニング店に依頼・受取にいく手間をカットでき、シミ抜きが料金内で行えるためお得です。

また、リネットでは、プレミアム会員になれば2,400円以上の依頼で送料が無料などの特典があるため、クリーニングが適宜必要という方にぴったりのサービスです。

マキ
マキ
宅配クリーニングって初めて聞いたけど、引き取りに行かなくていいのがすごく楽そうだなあ。

スーツクリーニングにおすすめの宅配クリーニング2選

セブンイレブン クリーニング倶楽部の特徴

スーツのクリーニングには、宅配クリーニングが便利で品質が良いため、おすすめです。

ここでは、スーツクリーニングに断然おすすめの宅配クリーニングを2つご紹介しますね。

スーツクリーニングが安くて速い!リネット

日常使いにおすすめの宅配クリーニングがリネットです。

リネットは元々料金が安い上に、初回一年間送料無料!

さらに、東京都内なら翌日、東京都外でも最短2日で仕上げてくれるため、急いでいる方でも安心です。

シミ抜きや毛玉取りが無料で、もし仕上がりに不満がある場合は30日以内であれば再仕上げも可能という丁寧さです。

私も利用していますが、会員になるといつでも往復送料無料で、毎回クーポンがもらえる上に、ポイントが貯まるのも魅力のひとつ。

仕上がりはもちろん文句なく、自分では気づいていなかったシミまできちんとケアして報告してくれます。

自宅への集荷に加えて、コンビニからも24時間クリーニングを出せるので、忙しい方でも安心です。

無料サービスが多くてスーツがきれいに!ネクシー

無料サービスが多く、丁寧な仕上がりが自慢なのがネクシーです。

シミ抜きや毛玉取りが無料、さらにはボタン取付、ほつれ修理が無料で、毎回クーポンをプレゼントと、サービスの良さが光ります。

初回割引サービスはありませんが、料金が安く、普段使いにもピッタリです。

最短3日仕上げとリネットよりは少し遅いのですが、その分仕上がりが丁寧でシミや汚れがきっちりと落ちます。

また、ネクシーもリネットと同様に自宅への集荷に加えて、コンビニからも24時間クリーニングを出せるので、忙しい方でも安心です。

スーツクリーニングは人それぞれの適度な頻度で

スーツクリーニングは人それぞれの適度な頻度で

スーツクリーニングの頻度と納品日数、そしておすすめの宅配スーツクリーニングについて解説してきました。

  • スーツクリーニングの頻度は季節によって違う
  • 汗の量に合わせてクリーニング回数を調整しよう
  • クリーニング店による納期は2~3日
  • ブラッシングで適切なスーツケアを
  • 忙しい人には宅配クリーニングがおすすめ

どこで宅配スーツクリーニングしたらいいのかわからない!という方は、コストパフォーマンスがよく普段使いに最適な『リネット』がおすすめです。

スーツのクリーニングを適切に行うことで傷みを防ぎ、いつも清潔感にあふれたスーツを身につけましょう。