洋服の種類別クリーニング

マフラーのクリーニング代相場と注意点。マフラーは宅配クリーニングが安くてイチオシ

『冬に使い込んだマフラー。クリーニングした方がよいのかな?高そうだけど。』
『マフラーにシミがついちゃったから洗いたい。おすすめのクリーニングはどこ?』

マフラーは素材やデザインにもよりますが、自宅で洗うのが難しいです。

洗濯機はNGで、手洗いでも型崩れが起きたり、生地が傷んでしまう場合が多く、おすすめできません。

一方、クリーニングなら、生地の劣化や型崩れがなく、ふんわりきれいに仕上げてくれるので、長く使うことができます。

マフラーを大切に使いたい方はクリーニングがおすすめです。

今回はマフラーのクリーニング料金の相場やおすすめのクリーニングサービスやクリーニングの注意点をご紹介します。

マキ
マキ
マフラーのクリーニングって思ったより高そう。

相場を知っておきたいわ。

マフラーをクリーニングに出す相場の料金はどのくらい?

マフラーをクリーニングに出す相場の料金はどのくらい?

クリーニングを依頼するお店やマフラーの素材・汚れの状態にもよりますが、クリーニング代の相場は500~1,000円です。

なお、マフラーはデリケートな素材で出来ていることが多く、自宅での洗濯だとダメになってしまうことが多いので、クリーニングに頼んだ方が安心です。

マフラーのクリーニング料金比較。宅配クリーニングが安い!

クリーニング店 評価 料金 説明
リネット 616円
(初回20%OFF料金)
宅配クリーニングで使いやすさNo.1
シミ抜き無料
毛玉取り無料
初回20%OFF&送料無料!
クリーニングパンダ 726円 宅配クリーニングで品質No.1
シミ抜き無料
毛玉取り無料
保管最大12カ月無料&1,500円割引
ネクシー 660円 素材による追加料金なし
毛玉取り無料
シミ抜き無料
ポニークリーニング 572円~1,030円
(店により異なる)
全国チェーン店
白洋舎 660円~1,265円 全国チェーン店

普段使いのマフラーをクリーニングに出すならリネット!

マフラー クリーニング

リネットは数あるクリーニングサービスの中でも低価格で利用できるため、普段使いしやすいです。

アパレルブランドに選ばれる品質

アパレルブランドがクリーニングに利用するほどの技術を持ち、丁寧な洗濯で満足いく仕上がり。

シミ抜きが無料なので、シミが気になる場合にも任せられますね。

さらには仕上がりに納得がいかない場合は、再仕上げが無料で、再仕上げにも納得がいかない場合は返金保証があります。

汚れが気になる場合にも、気軽に試すことが出来るのがリネットのポイントです。

低価格で最短1日で仕上がり&送料無料なので使いやすい

リネットを初めて利用する場合は20%OFF&送料無料で利用できるので、かなりお得です。

最短1日で仕上がるので急いでいる場合でも安心ですし、週末に気軽に利用することができます。

会員になると1,980円以上で送料無料で、毎回クーポンがもらえる上に、ポイントが貯まるのも魅力のひとつです。

初回20%OFF&送料無料でお得/

ブランド物や大切にしたいマフラーならクリーニングパンダがおすすめ

マフラー クリーニング

お気に入りの大切なマフラーをクリーニングに出すときやクリーニング後に保管して欲しいときは、品質重視でコスパ抜群のクリーニングパンダがおすすめです。

確かな技術とノウハウで仕上がりが安心

クリーニングパンダは、確かな技術とノウハウで高級ブランドでも丁寧に仕上げてくれます。

創業60年以上経過しており、国家資格取得者が多数在籍し、120万人以上が利用している老舗クリーニング店の小柴クリーニングが運営しています。

国内最大級の取り扱いをほこり、その技術力の高さから他社で断られた商品でもクリーニングを任せることができます。

高級なソープと柔軟剤の使用に加えて、こだわりの温水洗いや衣類にやさしいアイロンで丁寧に仕上げて行うなど他社とは安心感が違います。

保管が12か月無料でお得&会員登録で1,500円割引

クリーニングパンダならばクリーニング後の保管が12か月間無料です。

暖かい季節に使わないマフラーを長期期間保管してもらえて、セカンドクローゼットとしても利用できるので、家の中がすっきり片付きますね。

さらに、今だけ会員登録で1,500円割引となるポイントがもらえます。有効期限がなく、1ポイント1円として利用できるので、クリーニングパンダのお得な料金からさらに1,500円割引でかなりお得です。

高級ブランドや大切に使いたいマフラーなら、高品質なのにお得なクリーニングパンダが一押しです。

\新規会員登録で1,500円割引

マキ
マキ
普段使いするならリネット、大切なマフラーならクリーニングパンダと使い分けてもいいかも

クリーニングで利用したいオプションメニュー

マフラーをクリーニングに出す時に、利用したいオプションメニューをご紹介します。

毛玉取り

マフラーに毛玉がついていると、古い感じがしてしまいますよね。

クリーニングできれいに毛玉を取ると、マフラーが生き返ります。

相場は200~300円程度ですが、宅配クリーニングならば無料でやってもらえます。

マフラーの毛玉が気になる場合は、リネットクリーニングパンダを利用しましょう。

消臭加工

消臭加工することで、マフラーを消臭するのにくわえ、新たな臭いをつきにくくする防臭効果や抗菌効果が期待できます。

相場は300円程度と安価なので、ぜひ検討したいオプションメニューです。

防虫加工

マフラーの中でも、カシミヤなどの高級な素材でできているものは、防虫剤を入れて保管をしていても、虫に喰われてしまう場合があります。

防虫加工をすることで、虫喰いの心配をなくすことができます。

相場は300円ほどですので、衣替えでマフラーを収納する際におすすめのオプションメニューです。

マキ
マキ

マフラーをクリーニングに出すなんて、ちょっともったいないかなと思っていたけど、意外と安いものなのね。

オプションメニューも気になる!

マフラーをクリーニングで洗わずに使うデメリット

マフラーをクリーニングで洗わずに使うデメリット

マフラーをクリーニングに出さず、汚れたまま使うことには汚い以外にもデメリットがあります。

『大して汚れてないからクリーニングは要らないかな?』なんて思っていると、次の冬に後悔することになるでしょう。

マフラーを長く使いたいならクリーニングは必須です。

マフラーの風合いが落ちる

マフラーってふわふわとした肌触りがいいんですよね。高価なものであったり、気に入っているものほど、マフラーの風合いは保ちたいと思うものです。

しかし、クリーニングに出さずに汚れをつけたまま使い続けていると、マフラーの風合いがガクンと落ちます。

生地が傷んでしまい、マフラーがもつ本来のふわふわとした風合いがなくなってしまうのです。

結果的に出費がかさんでしまう

マフラーに汚れが付いてすぐは、クリーニングで比較的簡単に汚れを落とすことができます。

しかし、汚れは定着してしまうとシミになってしまうので、簡単に落ちません。

無理をして汚れを落とそうとすることで、マフラーの生地が傷んでしまう場合があります。

また、シミが落ちないことで、シミ抜き料金が必要となり、クリーニング代が上がってしまうことも考えられます。

さらに汚れが落ちない場合は、新しいマフラーを買い換えることになるため、結果的に出費がかさんでしまいます。

マフラーの汚れで肌荒れが起きる

女性の場合、マフラーをつけているとどうしてもファンデーションがマフラーに付着してしまいます。

そのままマフラーを使い続けていると、ファンデーションが汗やほこりなどと混じって、汚くなります。

汚れたマフラーが肌に当たることで、肌荒れの原因となります。

最近、首や顔に肌荒れができているなと感じた方は、今すぐマフラーをクリーニングしてください。

マフラーが保管中に劣化していく

大切なマフラーであればあるほど、そのマフラーを長く使い続けたいものですよね。

クリーニングを行わず、汚れたままの状態で保管すると、そこからカビが生えたり虫が寄ってくることも。

さらには、汚れが“くさいにおい”の元となり、マフラーから悪臭が漂うこともあります。

また、マフラーには適した保管方法があります。クリーニングから戻ってきても、そのままクローゼットの中に入れてしまったり、湿気や防虫対策をしていなければ意味がありません。

クリーニング後にきちんと保管してくれて、最大12か月保管無料のクリーニングパンダならば、クローゼット代わりに利用できてとても便利ですよ。

マキ
マキ

マフラーの汚れなんて軽く考えていたわ。

汚れたままのマフラーを使い続けることに、こんなにも多くのデメリットがあるなんてビックリ!

マフラーをクリーニングに出す際に気をつけることは?

マフラーをクリーニングに出す際に気をつけることは?

マフラーをクリーニングに出す際には、次の点をよく確認しましょう。

マフラーとストールの違いを確認する

ストールはマフラーよりクリーニング代が断然高いです。

請求額にびっくりしないように、まずはマフラーかストールかを確認しましょう。

一般的に、ストールはマフラーよりも薄手で幅が広く、長いものが多いです。

例えば、リネットだと、マフラーとストールの違いは次のように定義されています。

マフラーは短辺40cm未満かつ長辺150cm未満のものが該当します。

※短辺40cm以上もしくは、長辺150cm以上のものは「ストール/ショール」扱いになりますのでご注意ください。

手間はかかりますが、事前に長さを確認しておくのが良いでしょう。

素材・タグを確認する

マフラーはデリケートな繊維で作られており、水洗いができないことが多いです。

マフラーのタグを見て、「水洗い不可」マークがあればクリーニングに出した方がいいです。

素材によってクリーニング料金が変わりますので、素材の種類や装飾の有無も確認しましょう。

付属品を確認する

おしゃれなマフラーの場合、ビーズやフリンジといった装飾が施されている場合があります。

可能であれば、装飾品を取り外しておくことで紛失のリスクを避けることができます。

また、マフラーにボタンがついていて、取れそうになっている場合も直しておくようにしましょう。

マキ
マキ

クリーニングに出す前にもしておかなくちゃいけないことがあるのね。気をつけよう!

お気に入りのマフラーは定期的なクリーニングでいつまでも愛用しよう

お気に入りのマフラーは定期的なクリーニングでいつまでも愛用しよう

マフラーは定期的にクリーニングに出すのがおすすめです。

マフラーをクリーニングに出さなければ、クリーニング代は浮きますが、お気に入りのマフラーの生地が傷み、次のシーズンには使い物にならなくなります。

  • マフラーのクリーニング代の相場は500~1,000円
  • クリーニングはオプションメニューも充実している
  • クリーニングを怠ると風合いが落ちて生地が傷み、肌荒れの原因となることも
  • マフラーをクリーニングに出す前に、素材・タグの内容を確認する
  • 宅配クリーニングの『リネット』ならば安くてきれいに

大切なマフラーであればあるほど、長く使い続けたいものです。

マフラーをクリーニングに出すときは、宅配クリーニングが安くて便利です。

普段使いのマフラーには安くて便利な『リネット』

ブランド物や大切にしたいお気に入りのマフラーには、『クリーニングパンダ』を使うと良いでしょう。

一度使うと便利さに驚くと思いますので、是非試してみてください。

リネットを初めて利用する場合は20%OFF&送料無料で利用できるので、かなりお得です。

最短1日で仕上がるので急いでいる場合でも安心ですし、週末に気軽に利用することができます。

会員になると1,980円以上で送料無料で、毎回クーポンがもらえる上に、ポイントが貯まるのも魅力のひとつです。

初回20%OFF&送料無料でお得/