洗濯・クリーニングの悩み

汗抜き加工の料金相場とメリット・デメリット。無料の宅配クリーニングがおすすめ

ビジネスマンなら毎日着用するスーツ。特に夏場は汗汚れが気になりますよね。

通常のクリーニングでは残ってしまいがちなニオイや黄ばみも、実は『汗抜き加工』を使えばキレイに落とせます。

通常のクリーニングにひと手間かけて黄ばみや臭いをスッキリ除去してくれるので積極的に利用したいところです。

今回は、汗抜き加工のクリーニング店ごとの料金や汗抜き加工のメリット・デメリットについて、詳しく紹介します。

マキ
マキ
確かに、クリーニングのオプションに汗抜き加工ってあるわね。

どんな時に利用すればいいのかしら。料金も気になる。

クリーニングの汗抜き加工の料金比較。汗抜き加工なら宅配クリーニングがおすすめ

クリーニングの汗抜き加工その料金と実力は?

クリーニング店で目にする汗抜き加工。多くのお店ではオプションとして設定されています。クリーニング店の汗抜き加工料金の相場や、その内容と実力についてご紹介します。

汗抜き加工の相場は通常料金プラス500円~1,000円

汗抜き加工のクリーニング料金は、通常のクリーニング料金に『+500円~+1,000円が相場』です。

通常、1着につき上記料金がプラスされます。スーツだと上下で2着分の汗抜き加工の料金がかかりますので注意してください。

汗抜き加工の料金比較。宅配クリーニングが安い!

クリーニング店 評価 汗抜き加工料金 説明
クリーニングパンダ 無料 宅配クリーニングで品質No.1
防カビ防虫カバー無料
保管最大12カ月無料&1,500円割引
リネット 990円 宅配クリーニングで使いやすさNo.1
初回20%OFF&送料無料!
リナビス 550円 ビジネススーツコースなら無料
保管最大12カ月無料
白洋舎 330円~1,100円 全国チェーン店
うさちゃんクリーニング 330円~550円 全国チェーン店

クリーニングパンダの汗抜き加工(宅配クリーニング)

汗抜き加工 クリーニングパンダ

120万人以上が利用している老舗クリーニング店の小柴クリーニングが運営するクリーニングパンダならば、汗抜き加工が無料です。

何もオプションを付けずとも、無料で汗抜き加工をやってくれます。

水溶性の汚れをしっかり落とす特殊洗剤を使用することで、水洗いに近い状況でドライクリーニングしながら水溶性の汚れを落とします。

汗汚れがスッキリ落ちますので、汗汚れや臭いが気になるスーツや洋服はまずクリーニングパンダに頼みましょう。

なお、頑固な汗汚れには+660円の『プレミアム汗抜き加工』がおすすめです。ドライクリーニングの後に水洗いを行い、丁寧に汗汚れを落としてくれます。

汗汚れでゴワゴワになった服や衣替えの季節に利用すると良いでしょう。

\いつでも汗抜き無料&新規登録で1,500円割引

リナビスの汗抜き加工(宅配クリーニング)

汗抜き加工 リナビス

宅配クリーニングのリナビスでは、汗抜き加工を1点550円で行っています。

職人が1つ1つアイテムを確認して、生地にダメージを与えないように汗抜き加工を行います。

さらに、6点で5,247円のビジネススーツコースを利用すると汗抜き加工が無料です。

スーツをまとめてクリーニングする場合には、ビジネススーツコースを利用するとお得です。

\スーツコースなら汗抜き無料

リネットの汗抜き加工(宅配クリーニング)

汗抜き加工 リネット

宅配クリーニングのリネットの汗抜き加工は『ディープクレンジング仕上げ』というオプション名で行っています。

水分濃度20%以上の特殊洗剤を使用してクリーニングを行うことで、水洗いに近い状況でドライクリーニングしながら水溶性の汚れを落とします。

油汚れに加えて、「汗汚れ」「水溶性汚れ」がしっかり落ちるので、気持ちよく着ることができます。

さらに、リネットを初めて利用する場合は20%OFF&送料無料で利用できるので、かなりお得です。

最短1日で仕上がるので急いでいる場合でも安心ですし、週末に気軽に利用することができます。

会員になると1,980円以上で送料無料で、毎回クーポンがもらえる上に、ポイントが貯まるのも魅力のひとつです。

初回20%OFF&送料無料でお得/

白洋舎の汗抜き加工

クリーニング大手の白洋舎の汗抜き加工は『汗すっきり加工』というネーミングです。

特殊洗剤を使用してドライクリーニングを行うことで汗などの水溶性の汚れを落とします。

白洋舎の汗すっきり加工は、クリーニングする衣類の種類によってオプション料金が異なります。

汗すっきり加工の料金は、通常のドライクリーニング料金の半額となります。

例えば、スーツのジャケットならば677円、パンツは369円、コートは1,045円、ダウンコートは2,239円などとなります。

クリーニング料金が高めなので、汗すっきり加工の料金も高くなる傾向にあります。

うさちゃんクリーニングの汗抜き加工

関東地方と東北地方に展開するうさちゃんクリーニングの汗抜き加工は『パワーアクア加工』『Wウォッシュ加工』の2種類あります。

パワーアクア加工は、白洋舎と同じく特殊洗剤を使用してドライクリーニングを行うことで汗などの水溶性の汚れを落とします。

Wウォッシュ加工はドライクリーニング後に水洗いを行い、二度洗いするので汚れがしっかり落ちます。

どちらも220円~550円と比較的安い料金ですので、うさちゃんクリーニングをよく利用する方は試してみるのがおすすめです。

マキ
マキ
汗抜き加工って業者ごとにネーミングが違うのね。

料金もまちまちみたいだけど、無料のクリーニングパンダなら試してみても良いかも。

汗抜き加工ってどんなクリーニング?クリーニングとの違いとは

汗抜き加工ってどんなクリーニング?

クリーニングの汗抜き加工について、通常のクリーニングとの違いや対応方法についてご紹介します。

汗抜き加工と普通のクリーニングの違い

通常、クリーニングと言ったら一般的に『ドライクリーニング』を指す場合が多いです。

ドライクリーニングは水を使わず衣類の汚れを落とす方法で、繊維や生地を傷めず、また水に弱いウールやカシミヤといった素材の洗濯に適しています。

一方で、水を使わないためドライクリーニングは汗や食べ物の汚れなどの水溶性の汚れを落とすのが苦手です。

特に、汗にはアンモニアや塩分が含まれているため、汗がドライクリーニングで落ち切らず、服に残ると臭いや黄ばみの原因になります。

一方、汗抜き加工は専用の洗剤と水を使って、衣類へのダメージを最小限に抑えながら水溶性の汚れを落とす方法です。

夏場のスーツや、肌に直に触れる衣類には汗抜き加工が特にオススメです。

汗抜き加工クリーニング店ごとの違い

同じ汗抜き加工と言っても、方法はクリーニング店により異なります。

  • ウェットクリーニング・・・ドライクリーニングの後に、実際に水を使って手洗いでなるべくダメージを抑えつつクリーニングを行う
  • 汗抜きドライ・・・水は使わず、水溶性の汚れを落とす特殊洗剤を加えてドライクリーニングを行う

ウェットクリーニングの方が洗浄力が高いため、すっきり汗汚れが落ちます。が、手間が格段にかかるため、料金が高くなります。

また、汗汚れをしっかり取ることができますが、水洗い絶対NGの皮革製品や、一部シルク製品、色柄ものには使えません。

一方、『汗抜きドライ』は実際に水洗いはせずにドライクリーニングにひと手間加えるだけのため、ウェットクリーニングに比べて洗浄力は弱いものの、技術力は不要で手軽で簡単です。

料金が安い汗抜き加工は、『汗抜きドライ』で行われていることが多いです。

なお、どちらも通常のクリーニングよりひと手間かけられた加工なので、汗汚れが期待以上に落ちます。

汗汚れがひどい場合や衣替えの季節で汗汚れが気になる場合は、ウェットクリーニングを利用し、それ以外は汗抜きドライでも十分です。

マキ
マキ
ドライクリーニングだけじゃ汗汚れは落ちないのね~。

クリーニングの汗抜き加工のメリット・デメリット

クリーニングの汗抜き加工その実力

汗抜き加工にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

汗抜き加工はなるべく利用したいオプションではありますが、やりすぎると洋服が傷んでしまうことも。

汗抜き加工のメリット

臭いはもちろん黄ばみもすっきり

汗抜き加工を行うと、汗の成分であるアンモニアが除去されるため、ドライクリーニングの後に何となく気になっていた臭いがしっかり取れます。

時間の経過と共に酸化する汗汚れは黄ばみの原因となります。

衣替えの季節に汗抜きをしておくと、衣類の黄ばみや劣化が防げます。

一日中着用するスーツはもちろんですが、汗かき盛りの子どもたちの制服にも汗抜き加工はオススメ。なんだか臭う気がする…が解消されます。

着心地と風合いが蘇る

クリーニングをしても、生地が部分的にゴワゴワしていたりベタツキを感じることがありますよね。

その原因はドライクリーニングでは落としきれなかった汗汚れです。

汗抜き加工を受けることで、生地のサラッとした感触と風合いが戻ります。

定期的に生地に染みこんだ汗を除去することで、衣類のキレイ寿命が長くなります。

マキ
マキ
臭い、黄ばみ対策プラス着心地も良くなるなんて。これは試さなきゃ。

汗抜き加工のデメリット

汗抜き加工をやりすぎると色合いが落ちることも

水溶性の汚れを落とすために、水に弱い洋服に対して、特殊な洗剤と水を使ったクリーニングを行うため、ドライクリーニングより生地がダメージを受けやすくなります。

1シーズンに数回であれば全く問題ありませんが、毎週のように汗抜き加工を行うと生地が薄くなったり、色合いが変わってしまうこともあります。

追加料金がかかることも多いので、大切な服は汗抜き加工を毎回行うのはやめておいた方が良いでしょう。

クリーニング店の技術力により仕上がりに差が出る

クリーニング店ごとに汗抜き加工のやり方が異なりますし、使用している洗剤も異なります。

このため、クリーニング店により仕上がりに差が出ることが多いです。

汗抜き加工は水に弱い衣類・生地に合わせた洗い方が必要となるので、丁寧に洗う必要がありますが、クリーニング店によってはコストを抑えるために機械的に洗っているところもあります。

技術力が信頼できて、追加料金が高くないコスパが良いクリーニング店を選ぶのが重要です。

汗抜き加工ですっきりキレイ。宅配クリーニングならば汗抜き加工が無料

汗抜き加工ですっきりキレイ
汗汚れをすっきりさせたいならば、汗抜き加工はおすすめのオプションです。

  • 汗抜き加工で臭い&黄ばみがすっきり。着心地、風合いが戻る
  • クリーニング店により汗抜き加工の方法は様々。依頼前に確認を
  • 汗抜き加工の料金がクリーニング店により異なるので比較した方がよい
  • クリーニングパンダなら汗抜き加工が無料で仕上がりが良いのでおすすめ

クリーニングの汗抜き加工を受けると、汗の臭いが消え、黄ばみもなくなります。ドライクリーニングに比べて着心地も抜群です。

汗抜き加工の相場は通常のクリーニング料金に500円~1,000円程度プラスで少し高いのが悩みどころです。。

しかし、宅配クリーニングで評判の良い、クリーニングパンダならば汗抜き加工が無料です。

汗抜き加工 クリーニングパンダ
保管が12か月無料&会員登録で1,500円割引とお得なサービスも充実しています。

衣替えの季節や汗汚れが気になる季節には、クリーニングパンダの汗抜き加工を試してみてくださいね。

\いつでも汗抜き無料&新規登録で1,500円割引